FC2ブログ

一度故郷を離れ、東京で就職、結婚した梅農家の長男が、2013年、Uターン就農。 日本一の梅の里より、元気に頑張っている様子をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぼみが大きくなっています! <vol.23>

12月も残すところあと数日となりました。
全国的に冬型の気圧配置となり、厳しい寒さとなった28日、
ここ、みなべ町でも雪がちらつくほど冷え込みました。
本当に、寒かったですね。

梅の木には、雪が残っているところもありました。

F1000655.jpg

F1000654.jpg

10月末の剪定を始めた時期には、
まだまだ小さかった花芽(はなめ)ですが、
現在はこんなに大きく生長しています。

F1000657.jpg

F1000650.jpg

例年、梅の開花時期は1月末。
2月初旬には満開を迎えます。
その年の気候にもよりますが、
あと1ヶ月もすればこのつぼみから、
白くてきれいな梅の花が咲きます。

年末のこの時期、私たちは慌しく新年を迎える準備をしますが、
梅の木は、ゆっくりとですが、着実に、
開花に向けた準備を進めているのですね。
無事、来年開花することを祈るばかりです。

今年1年、当農園の梅干しをご愛顧いただき、
まことにありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。

当農園は、年末年始も休まず営業しております。
新年も、引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

金沢大学の学生がヒアリング調査に来ました!(来訪②) <vol.22>

少しさかのぼりますが、
今年の9月上旬の梅の選別作業の最中、
金沢大学地理学研究室の学生が、
ヒアリング調査に当農園を訪れました!

彼は大学の2年生で、大学の授業の一環として、
ここみなべ町で「梅産業に関する調査」を実施しているとのことでした。

町役場へのヒアリングに加えて、
実際に梅を栽培している梅農家に詳しい話を聞きたいとのことで、
独自にピックアップしたようです。

ヒアリング対象となった梅農家は十数件。
「生産者直売」を行っている梅農家が対象となったようです。
梅農家はたくさんありますが、
生産者直売まで行っている梅農家となるとごくごく限られてきますから、
当農園も対象の一つに入れていただき、大変光栄に思っています!

さて、ヒアリング時間は、1時間。
「生産者直売」に関する質問項目が続き、
普段と違う緊張の面持ちで父は答えていましたヨ。

金沢大学ヒアリング調査130906

父と母の二人で農業をしながら、
生産者直売を始めるようになった経緯、その苦労話、やりがいの話などなど、
父はアツーく語っていました。

また、若干二十歳の学生の彼も、ヒアリングの進行が大変うまく、
父から上手に話を引き出していました。
また、同席したウメコさんも、
父からこのような話を直接聞くよい機会になったと思います。

調査研究は、12月を目途にまとめるとのことでした。
いい成果がまとまるように私どもも応援しています。
ぜひぜひ、頑張ってくださいね!
また、この度は、遠く和歌山までお越しいただき、
大変ありがとうございました。
またのお越しいつでもお待ちしています。
水本農園HPへのリンク
プロフィール

たろう

Author:たろう
梅農家の長男として産まれるも、高校卒業後、地元を離れ、東京で就職、結婚。

子供の頃から身近にあった農業と
一旦距離を置くが、
離れてみてわかったその魅力。

昨年(2013年)、Uターン就農
(現在30代半ば)。

梅農家の後継者として、
日々、梅と格闘中!!

最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問ありがとうございます
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。