一度故郷を離れ、東京で就職、結婚した梅農家の長男が、2013年、Uターン就農。 日本一の梅の里より、元気に頑張っている様子をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅の収穫スタート!<vol.54>

さあ、今年も待ちに待った
青梅の収穫の時期がやってまいりました。
両親と3人で、いざ、山に出陣です。

140529 aoume01 IMGP2307
 収穫スタート。
 顔が自然と
 ほころびます。



140529 aoume02 IMGP2320
 青梅は
 陽光を受け、
 いい感じに
 育っています。



140529 aoume03 F1001720
 1つずつ
 大事に
 取ります。



140529 aoume04 F1001725
 かごの中。
 
 1つずつだと
 これだけ
 集めるのも
 結構大変です。



140529 aoume04-2 F1001743
 作業中に
 ふと、
 見上げた空。
 きれいです。




園地での収穫を終えると、
倉庫に帰って、梅の選果(大きさ、傷の選別)をします。
140529 aoume05 IMGP2296
 1つずつ
 コロコロと転がし
 表と裏の傷を
 チェックします。
 
 傷物はよけて、
 少しずつ選果機に
 流し込みます。



140529 aoume06 IMGP2300
 大きさ別に、
 箱に入り、
 完成。

 JAに出荷し、
 全国の市場に
 出回ります。




<当農園に青梅のご注文をいただいている皆様へ>
天候にもよりますが、
おおよそ、以下の日程で収穫予定としています。

6月10日過ぎ・・・梅酒用
6月20日過ぎ・・・梅ジュース、漬け梅用

発送前に都合をお聞きし、発送させていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

全国で頑張っている新規就農者のブログが見られます。
↓↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

青梅の予約販売 好評受付中です!<vol.53>

梅の実もどんどん大きくなり、
今年も、青梅の収穫期が間近に迫ってきました。

現在、好評受付中です。(~6/10まで(以降はご相談ください))
青梅の予約販売ページへ

水本農園では、
”午前中にもぎとった青梅を
その日に発送、翌日には新鮮な青梅を皆様にお届けすること”を
モットーに頑張っています。

pctr_aoume_no1.jpg pctr_kanjyuku_no1.jpg

pctr_beniume_no1.jpg

青梅は、梅酒、梅ジュース、漬け梅といろいろな用途に利用されますが、
実は、実の熟し加減を見極めるのが非常に難しいものです。

この点、
私どもは、お客様の用途に適した梅をお聞きし、
お手元に届いたときに、最もいい状態になるように
見極めてお届けいたしております。

皆様に、おいしく召し上がっていただけるよう、
今年も、品質の良い青梅をお届けしていきたいと思っています。
この時期だけの南高青梅、ぜひ、ご堪能下さいませ。

今年も、たくさん嬉しいお便りがお客様の方から届いていますので
少し、紹介させていただきます。

【今年のお客様からのお便り (抜粋)】
*昨年はそれは見事な梅干しができ、嬉しかったのでいろんな方にお福分けをしたら
 皆さん、喜んでくれました。水本さんちの梅の力はすごいです。
 初めて作る方でも梅の力に支えられ、失敗なくできると思います。
 (埼玉県朝霞市 R.T.さん)

*今年は、はりきって梅干し作りをします。水本様の美しく、大きい梅が忘れられません。
 (京都府京都市 S.S.さん)

収穫準備  草刈!<vol.52>

梅の実がグングン大きくなるこの時期、
6月の収穫期に向けて、準備を始めます。

その手始めとして、
園地にわんさか生えている草の刈り取りを行います。

草刈も各園地行うとなると、大変な作業量です。
しかし、当農園にはラビット君(乗用の草刈機)という
20年来の心強い相棒がいるので、大丈夫です。

座席の下に、大きな刃が付いていて
これが回り、通った場所の草を刈り取っていくという優れものです。
52-2-140417.jpg

さあ、ハンドルを握り、スタートです。
園地は、ご覧のとおり、膝丈以上の草が
たくさん生えています。
52-4-140417.jpg

しかし、ラビット君にかかれば、
このとおり!スッキリです。
52-5-140417.jpg

ゴーカート気分で、
面白いように、草が刈り取れます。
52-6-140417.jpg

2往復ほどすると、さきほどの場所もこの通り!
52-7-140417.jpg


園地がスッキリし、作業しやすくなりました。
この後は、木の根元に置いているアミ(青色)を園地に敷き詰めて
収穫準備を完了させます。
水本農園HPへのリンク
プロフィール

たろう

Author:たろう
梅農家の長男として産まれるも、高校卒業後、地元を離れ、東京で就職、結婚。

子供の頃から身近にあった農業と
一旦距離を置くが、
離れてみてわかったその魅力。

昨年(2013年)、Uターン就農
(現在30代半ば)。

梅農家の後継者として、
日々、梅と格闘中!!

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問ありがとうございます
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。